出版案内
福祉事業団

ノーベル賞田中さん「道半ば、さらに研究を」 大隅さんと講演

自身が所長を務める研究所の創立15周年で会見する田中耕一氏(左)と、講演者として招かれた大隅良典氏(京都市中京区)
自身が所長を務める研究所の創立15周年で会見する田中耕一氏(左)と、講演者として招かれた大隅良典氏(京都市中京区)

 ノーベル化学賞受賞者の田中耕一・島津製作所シニアフェロー(58)が9日、所長を務める同社の「田中耕一記念質量分析研究所」の創立15周年を機に京都市内で記者会見し、「血液1滴で病気の診断をするという目標は道半ば。さらに研究を頑張りたい」と意欲を語った。

 同研究所は、田中氏が2002年にノーベル化学賞を受賞したことを受け03年1月に設立された。受賞業績となったタンパク質の質量分析手法を応用し、病気の早期診断手法の開発などに取り組んでいる。

 田中氏は会見で、この15年間で研究所が40以上の研究機関・企業と連携して96本の論文を発表したことを報告し、「産学官の連携の大切さを知った。来年には新研究棟も完成し、外部との共創の加速が期待できる」と語った。

 この日は田中氏の記念講演会もあった。ノーベル医学生理学賞受賞者の大隅良典・東京工業大栄誉教授も招かれて同席し、「生物学の研究において、できそうもないことができるのは質量分析技術のおかげ。研究所がさらなる成果を挙げることを願っている」とエールを送った。

【 2018年02月09日 22時52分 】

ニュース写真

  • 自身が所長を務める研究所の創立15周年で会見する田中耕一氏(左)と、講演者として招かれた大隅良典氏(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      大阪・なんば駅で天井板落下
      重さ16キロ、けが人なし

      20180225000132

       25日午後2時15分ごろ、大阪市中央区難波1丁目の市営地下鉄御堂筋線なんば駅の改札近く..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      次への挑戦が始まった
      「成田収平 スキーの味方の見方」

      20180225000142

       スキーは距離の女子30キロ・クラシカルが平昌五輪の最後を飾る種目として行われました。前..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・宇治川岸に「一に○」刻印石 伏見城で使用か

      20180225000117

       伏見城の石垣に使われたと考えられる「一に○」の刻印が入った石が京都市伏見区の宇治川べり..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]