出版案内
福祉事業団

揺さぶられっ子、虐待疑い慎重に 法学者や医師ら指摘

揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)
揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)

 子どもを激しく揺さぶることで脳に損傷が生じるとされる「揺さぶられっ子症候群(SBS)」の科学的妥当性を検証するシンポジウムが10日、京都市南区の龍谷大響都ホールで開かれた。法学者や医師らが事故などで同様の損傷が生じる事例を基に、虐待を疑う際には慎重さが必要と指摘した。

 SBSは、虐待を裏付ける根拠とされるが、欧米では因果関係を疑問視する声も出ている。日本でもSBSを改めて考えようと、同大学犯罪学研究センターが開催した。

 甲南大の笹倉香奈教授は1970年代にSBSの仮説が提唱され、90年代の欧米では、仮説を根拠に虐待が立件されるようになったと説明。一方で90年代から欧米では、SBSの科学的信頼性への批判が起こっているとして「日本の医師や弁護士も海外の現状を知る必要がある」と話した。

 米ウィスコンシン大のキース・フィンドレイ准教授は、米国の小児科学会が2009年に、事故や病気もSBSのような損傷の原因になるという見解を出したことを紹介。「子どもは虐待されるべきではない。同時に無実の人が刑務所に送られるべきでもない」と述べた。

【 2018年02月11日 10時27分 】

ニュース写真

  • 揺さぶられっ子症候群と虐待の関係を検証し直す必要性を議論したシンポジウム(京都市南区・龍谷大響都ホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京都市バス、ラオスで活躍中 34台寄贈、外観そのまま

      20180225000095

       京都市からラオスに2016年に贈られた市バス車両が、昨年11月から首都ビエンチャン特別..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤ3―3日(25日)
      平沼が2ラン

      20180225000087

       日本ハムの3年目の平沼が途中出場し、八回に右中間へ2ランを放った。新人の清宮は選球眼の..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・木津川にPLANT出店へ 山城地域で事業拡大

      20180225000084

       スーパーとホームセンターを融合させた大型店を展開する「PLANT」(本社・福井県坂井市..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      演劇人インタビュー600人 京都の男性らサイトで魅力発信

      20180225000082

       「必死こいて芝居をやっている人たちの叫びを届けたい」-。京都市内の男性が「京都の演劇人..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]