出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS培養を低コストで 京都大が開発、化合物3種使用

 ヒトiPS(人工多能性幹細胞)の培養にかかるコストを大幅に抑える新技術を、京都大物質―細胞統合システム拠点の長谷川光一講師らのグループが開発し、6日に英科学誌ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリングで発表する。iPS細胞を使った再生医療や新薬開発の費用の削減につながる成果という。

 iPS細胞を体細胞から作製したり、増やしたりするのに使う培養液は現在、1リットル当たり5万~13万円で販売されている。従来品が高価である要因は、微生物などを使って作製する必要があるタンパク質を複数含んでいるためで、これらのタンパク質を使わなくて済むようにすることが低価格化への鍵だった。

 グループは、従来品に含まれるタンパク質のうち、細胞の増殖と多能性の維持に効果のあった2種類の機能を、免疫抑制剤のタクロリムスなど3種類の低分子化合物で置き換えることに成功した。これら3種類はタンパク質に比べると製造が非常に容易で、2種類のタンパク質の代わりに用いると培養液の材料費を1リットル当たり計約8千円に抑えることも可能という。

 長谷川講師は「今回見つけた低分子化合物を用いた培養液の安全性や耐久性をさらに詳しく調べていきたい」と話している。

【 2018年03月06日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      発電、建築物貸し出し…自治体自ら「稼ぐ」 京都・長岡京市

      20180421000057

       京都府長岡京市は、2018年度から行財政改革の一環で、収入増に向け、眠っていた資源を有..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イチローは出場せず
      レンジャーズ戦

      20180421000056

       ▽レンジャーズ―マリナーズ(20日・アーリントン) マリナーズのイチローは出場せず、チー..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      主題歌も京都発バンド 「リズと青い鳥」声優に本田望結も

      20180421000026

       京都アニメーション(京都府宇治市、通称京アニ)の新作映画「リズと青い鳥」が21日から全..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]