出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

太陽の黒点の位置、小学生らグラフ化 京大、約3年かけ

太陽黒点の発生緯度を時系列で表した「バタフライダイアグラム」。京大花山天文台を訪れた小学生らがシールを貼って作った
太陽黒点の発生緯度を時系列で表した「バタフライダイアグラム」。京大花山天文台を訪れた小学生らがシールを貼って作った

 太陽の黒点の位置をグラフ化した「バタフライダイヤグラム」を、京都大理学研究科付属天文台と京都市教育委員会が見学に訪れた子どもたちの協力を得て約3年がかりで完成させた。チョウの羽に似ていることから名付けられたグラフで、天文学の体験学習のモデルとして期待を集めている。28日に福岡市で開かれる「世界天文コミュニケーション会議」で報告される。

 黒点は、太陽の表面を観測した時に黒い点のように見える部分で、太陽活動の活発性と比例するとも考えられている。花山天文台は2004年から、太陽観測用の望遠鏡を使ってスケッチによる観測活動を続けている。

 バタフライダイヤグラムは黒点が発生した太陽における緯度を時系列で示したグラフ。同天文台は13年度から京都市教委との連携事業として市内の小学生や高校生の体験学習を受け入れており、学びの一環として15年度からダイヤグラムの作成を始めた。黒点1個分の観測結果をカードにして児童生徒ら天文台の見学者に手渡し、グラフ上の該当する位置にシールを貼ってもらうという方法で、このほど04~17年の約1400点を示したグラフができた。

 黒点の数は11年周期で増減を繰り返し、できる位置は高緯度から低緯度へと移るとされ、完成したバタフライダイヤグラムにはその特徴がくっきりと浮かび上がっている。企画を担当した鴨部麻衣・花山天文台技能補佐員は「黒点の変化は今も解明されていない。ダイヤグラムの作成を、太陽の謎に迫る人材の育成につなげたい」と話している。

【 2018年03月28日 13時49分 】

ニュース写真

  • 太陽黒点の発生緯度を時系列で表した「バタフライダイアグラム」。京大花山天文台を訪れた小学生らがシールを貼って作った
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      経済

      宿泊税で京都の地下鉄整備を 鉄道ジャーナリスト梅原氏

      20180720000165

       京都政経文化懇話会7月例会が20日、京都市中京区のホテルであり、鉄道ジャーナリストの梅..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]