出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

理研iPS創薬拠点、関西学研都市に 京大などと連携

「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」が整備されたスーパーラボ棟(手前)=京都府精華町光台・けいはんなプラザ
「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」が整備されたスーパーラボ棟(手前)=京都府精華町光台・けいはんなプラザ

 理化学研究所バイオリソース研究センター(茨城県つくば市)のサテライト拠点「iPS(人工多能性幹)細胞創薬基盤開発連携拠点」が関西文化学術研究都市のけいはんなプラザ(京都府精華町光台)に整備され、2日までに稼働を始めた。京都大iPS細胞研究所(CiRA)と連携し、iPS細胞を活用した新薬開発を進める。

 昨年4月に発足し、CiRAの施設で研究を進めてきた同センター創薬基盤開発チーム(リーダー・井上治久京大教授)が移転した。

 神経疾患や心臓病、肝臓病などの患者から提供を受けて作ったiPS細胞を用いて、症状の再現や発症メカニズムの解明、治療薬の開発を進める。「オープンラボ」として大学や製薬会社の研究者を受け入れ、連携して創薬と実用化を進める。

 理研バイオリソース研究センターは、CiRAなどから寄託を受けた患者由来のiPS細胞を保管している。サテライト拠点でも培養などを行い、センターやCiRAのバックアップ機能も担う。

 施設整備は、京都府と理研が行った。スーパーラボ棟1階の400平方メートルを一体化し、厳密に温湿度を管理できる空調設備や停電に備えた自家発電装置、低温室を設けた。

【 2018年04月02日 22時37分 】

ニュース写真

  • 「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」が整備されたスーパーラボ棟(手前)=京都府精華町光台・けいはんなプラザ
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      大分、体の一部か新たに発見
      山崩れ現場

      20180423000004

       大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日夜、体の一部とみられるものが見つかった。県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷がメジャー初4番
      ジャイアンツ戦

      20180423000006

       【アナハイム共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平選手(23)が..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、半導体売却中止含め対応策
      中国独禁法審査の難航で検討

      20180422000137

       東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神幸祭の神輿6基、勇壮に船渡御 京都・松尾大社

      20180422000096

       京都市西京区の松尾大社の伝統行事「神幸祭」が22日、西京区や右京区で営まれた。6基の神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]