出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

水路に魚道「魚のゆりかご」取り組み広がる 滋賀・野洲

水路にせきを取り付ける参加者ら。水位を上げることで湖魚が水田に遡上しやすくなる(滋賀県野洲市須原)
水路にせきを取り付ける参加者ら。水位を上げることで湖魚が水田に遡上しやすくなる(滋賀県野洲市須原)

 滋賀県野洲市須原で活動する環境団体「せせらぎの郷(さと)」が10年間続けてきた「魚のゆりかご水田プロジェクト」が、広がりを見せている。魚のゆりかごは、田んぼに琵琶湖の在来魚を導き、産卵させる取り組み。地元農家が環境に優しい農業に取り組むだけでなく、地元の小学校や都市部の住民を次々に巻き込み、琵琶湖を取り巻く環境への意識を高めている。

 かつて須原には道路の代わりに水路が縦横に走り、子どもが水路で捕まえた魚が食卓に上っていた。人と湖が共生していた関係を取り戻して次代に引き継ごうと、60~70代の農家が中心となり、せせらぎの郷が発足した。

 プロジェクトは2008年に始まり、農家は農薬を減らした米作りに力を入れるようになった。09年からは「田んぼオーナー制度」を導入して、都市部の住民を田植えや稲刈りに呼び込んでいる。13年からは収穫したコシヒカリでつくる地酒「月夜のゆりかご」を喜多酒造(東近江市)と一緒に開発。地元児童も魚の観察会などに参加し、身近な環境問題への関心を深めている。

 11年目の今年は、13ヘクタールの水田で取り組む予定。13日には地元の農家や企業の従業員、滋賀県立大と大阪産業大の学生ら約40人が集まり、水路に魚道を設置。魚を田んぼに導くため、水位が高くなるよう水路4カ所にせきを設けた。代表の堀彰男さん(69)は「10年間で、年々環境意識は高まっている。今年の田植え体験は申し込みが多くて、断らないといけないほど」とうれしい悲鳴を上げていた。

 収穫したゆりかご米や地酒はホームページで購入できる。

【 2018年04月15日 23時02分 】

ニュース写真

  • 水路にせきを取り付ける参加者ら。水位を上げることで湖魚が水田に遡上しやすくなる(滋賀県野洲市須原)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      橋桁事故2年、安全誓う碑設置
      神戸市北区、遺族が要望

      20180422000052

       神戸市北区の新名神高速道路で巨大な橋桁が建設中に落下し、作業員2人が死亡、8人が重傷を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マナイアが無安打無得点試合
      アスレチックスの26歳左腕

      20180422000058

       米大リーグ、アスレチックスのショーン・マナイア投手(26)が21日、本拠地オークランド..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山県有朋別邸、建築史上の価値語る 京都・無鄰菴

      20180422000035

       明治150周年を記念した特別講座「無鄰菴(むりんあん)会議の日 京都の洋館」が21日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験道具、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]