出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

貼って再生、人工皮膚承認 京大、糖尿病の壊死に有効

製造が承認された新しい人工皮膚
製造が承認された新しい人工皮膚

 京都大は16日、糖尿病で壊死(えし)した皮膚の再生に有効な機能性人工皮膚の製造が10日に承認されたと発表した。傷口に貼ると周囲の組織の治癒を促す機能があるといい、来年1月の本格販売を目指す。

 京大医学部非常勤講師でもある森本尚樹関西医科大准教授らの研究グループと繊維メーカー「グンゼ」が開発した。

 糖尿病患者は、血流の悪化などで足に治療が困難な皮膚潰瘍を生じやすく、壊死が進むと切断のリスクがある。けがの治療に使う人工皮膚はあるが、難治性の傷口だと感染症を起こしやすく、利用できなかった。

 研究グループは、皮膚の再生を促す細胞成長因子「bFGF」に注目。静電気を利用して成長因子を吸着し、徐々に放出する機能を人工皮膚に持たせた。医学部付属病院で2010~12年に治験を実施し、17件中16件で安全性と有効性を確かめた。

 他の種類の成長因子も吸着できるといい、森本准教授は「傷口に貼るだけなので、他の治療法とも併用して、幅広い再生医療への応用が期待できる」としている。

【 2018年04月17日 09時13分 】

ニュース写真

  • 製造が承認された新しい人工皮膚
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      橋桁事故2年、安全誓う碑設置
      神戸市北区、遺族が要望

      20180422000052

       神戸市北区の新名神高速道路で巨大な橋桁が建設中に落下し、作業員2人が死亡、8人が重傷を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マナイアが無安打無得点試合
      アスレチックスの26歳左腕

      20180422000058

       米大リーグ、アスレチックスのショーン・マナイア投手(26)が21日、本拠地オークランド..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山県有朋別邸、建築史上の価値語る 京都・無鄰菴

      20180422000035

       明治150周年を記念した特別講座「無鄰菴(むりんあん)会議の日 京都の洋館」が21日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験道具、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]