出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

近親婚防止へつがいの卵交換 コウノトリで世界初の試み

近親婚ペアの巣に別のつがいの卵を置く職員(11日午前11時37分、京丹後市久美浜町市場)=兵庫県立コウノトリの郷公園提供
近親婚ペアの巣に別のつがいの卵を置く職員(11日午前11時37分、京丹後市久美浜町市場)=兵庫県立コウノトリの郷公園提供

 京都府京丹後市久美浜町の巣塔で産卵した国の特別天然記念物コウノトリのペアについて、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は11日、卵を交換してもそのまま育てる習性「托卵(たくらん)」を利用し、近親婚を防ぐ取り組みを始めた。きょうだいペアの卵を同公園で産まれた別のつがいの卵と交換し、遺伝の多様性を保つ試みで、コウノトリの野外近親婚ペアで托卵を実施するのは世界で初めてという。

 ペアは姉と弟の関係で、それぞれ2015年と16年に豊岡市内で誕生。今春、同町市場の人工巣塔で巣を作り、先月11日に産卵したとみられるという。

 同公園ではコウノトリを初めて放鳥した05年以来、野生復帰に取り組んできたが、近年、近親婚や雌同士のペアが増加。巣塔にネットをかぶせるなど営巣を防いできた。このままでは、繁殖経験の習得を妨げることになり、ネットを外しても近親婚ペアが後を絶たず、巣塔が占有され続ける恐れもあり、托卵によるペアの活用を決めた。

 この日は、高所作業車で職員4人が巣から卵1個を採取し、公園で4月中旬に産まれた血縁関係のないつがいの卵2個を入れた。数分後に雌が抱卵する様子が確認されたという。今月17~19日にふ化予定。採取した卵については公園で有精卵かどうか調べる。

 コウノトリの郷公園は「世界で初めての托卵のやり方が確立すれば、野生コウノトリの遺伝的多様性を高める方法に新たな選択肢が加わる」としている。

【 2018年05月11日 18時58分 】

ニュース写真

  • 近親婚ペアの巣に別のつがいの卵を置く職員(11日午前11時37分、京丹後市久美浜町市場)=兵庫県立コウノトリの郷公園提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      特急と接触か、5歳弟死亡
      石川・小松、JR北陸線

      20180525000215

       25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン日本男女とも決勝へ
      団体の国別対抗戦

      20180525000148

       【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユ..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      時代劇・朝ドラ、小道具担い100年 京都・高津商会の歴史

      20180525000098

       旗本退屈男、水戸黄門、必殺仕事人といった京都発の時代劇からNHK連続テレビ小説、「新婚..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]