出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

DNAから容易に年齢推定 京都府警科捜研が新手法

唾液や血液のDNAから年齢を推定する手法を考案した濱野研究員(京都市上京区・京都府警本部)
唾液や血液のDNAから年齢を推定する手法を考案した濱野研究員(京都市上京区・京都府警本部)

 京都府警科学捜査研究所(京都市上京区)の若手研究員が、犯行現場に残された血液や唾液のDNAから簡単に年齢を推定できる新たな鑑定手法を考案した。従前より安価な費用で短時間に解析できるといい、府警は「事件発生直後の犯人像の絞り込みも可能」と実用化に期待を寄せている。

 法医担当の濱野悠也専門研究員(31)が考案した。DNAには加齢により構造が変化する特徴がある。濱野研究員は、人と動物の違いを見分ける際に日常的に使用していた「融解分析」の手法を活用。DNAの二重らせん構造を高温下でほどくことで、加齢による変化を容易に解析することに成功した。

 たばこの吸い殻に付着した唾液など微量な遺留物でも鑑定できる。費用は1回数百円で、解析時間も半日ほど。誤差は平均6歳程度にとどまるという。

 DNAによる年齢推定はこれまでから、国内の限られた研究機関で行われていた。しかし、数十万円の費用が必要で、結果が出るまでに約1週間かかるなど実用化には課題が多かった。

 濱野研究員は科捜研勤務のかたわら、京都大大学院で、法医学の権威玉木敬二教授の指導の下、年齢推定の研究を続けてきた。研究成果は昨年9月に英科学誌に掲載され、今年3月には府警職員として初の医学博士号を取得した。

 濱野研究員は「ドラマ『科捜研の女』に憧れ、今の仕事を志した。今後も、捜査の現場で活用される技術の精度を高めたい」と話している。

【 2018年06月09日 17時00分 】

ニュース写真

  • 唾液や血液のDNAから年齢を推定する手法を考案した濱野研究員(京都市上京区・京都府警本部)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市議選告示、29人立候補

      20180715000117

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選が15日告示され、定数26に対して29人が立候補した。2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      苦杯を糧に「またあの舞台へ」 W杯、控えGK東口

      20180715000127

       ワールドカップ(W杯)ロシア大会から帰国した日本代表のGK東口順昭(洛南高-新潟経営大..... [ 記事へ ]

      経済

      本場も認めた、グラニータで世界一 京都のジェラート職人親子

      20180715000063

       ジェラートの一種「グラニータ」の本場イタリアで開かれた国際大会で、京都のジェラート職人..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3連休中、人波と熱気に包まれ 祇園祭・前祭宵々山

      20180715000102

       祇園祭の前祭(さきまつり)は15日、宵々山を迎え、京都市中心部の四条通や烏丸通の一部が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・西山のチョウ標本寄贈 地元男性、オオムラサキなど49匹

      20180714000050

       西山の麓に位置する西代里山公園(京都府長岡京市奥海印寺)の管理棟に、地元の男性がこのほ..... [ 記事へ ]