出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

チンパンジー年齢、DNA解析で推定 京大グループが手法開発

今回の実験に「協力」したチンパンジーの1頭(京都大提供)
今回の実験に「協力」したチンパンジーの1頭(京都大提供)

 DNAを解析してチンパンジーの年齢を推定する手法を開発したと、京都大のグループが発表した。年齢を把握するのが難しい野生動物の調査への応用が期待できる。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに3日、掲載した。

 アフリカのチンパンジーなど野生動物を観察する場合、年齢を把握することは群れでの個体同士の関係を把握するために必要だが、有効な手法がなかった。

 京大野生動物研究センターの村山美穂教授や伊藤英之研究員らは、DNAにメチル基という分子がくっつく「メチル化」と年齢の関係に注目した。京大が飼育するチンパンジー12頭の血液からDNAを採取して比較。ヒトでメチル化と年齢の関係が報告されている3種類の遺伝子を使って分析した。

 その結果、特定の二つの遺伝子でメチル化が進んでいると、高年齢であることが分かった。誤差はプラスマイナス5・4歳だった。チンパンジーは健康なら50歳以上まで生きるとされるが、ある程度の年齢を推測する手法として有効という。

 村山教授は「今後、ふんを使った解析手法を開発したり、鳥類などほかの動物への応用を目指したりしたい」と話した。

【 2018年07月03日 22時50分 】

ニュース写真

  • 今回の実験に「協力」したチンパンジーの1頭(京都大提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市議選告示、29人立候補

      20180715000117

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選が15日告示され、定数26に対して29人が立候補した。2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      苦杯を糧に「またあの舞台へ」 W杯、控えGK東口

      20180715000127

       ワールドカップ(W杯)ロシア大会から帰国した日本代表のGK東口順昭(洛南高-新潟経営大..... [ 記事へ ]

      経済

      本場も認めた、グラニータで世界一 京都のジェラート職人親子

      20180715000063

       ジェラートの一種「グラニータ」の本場イタリアで開かれた国際大会で、京都のジェラート職人..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3連休中、人波と熱気に包まれ 祇園祭・前祭宵々山

      20180715000102

       祇園祭の前祭(さきまつり)は15日、宵々山を迎え、京都市中心部の四条通や烏丸通の一部が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・西山のチョウ標本寄贈 地元男性、オオムラサキなど49匹

      20180714000050

       西山の麓に位置する西代里山公園(京都府長岡京市奥海印寺)の管理棟に、地元の男性がこのほ..... [ 記事へ ]