出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

雌雄特徴持つカブトムシ発見 京都の親子、生存例少なく

雄と雌の特徴を持った「雌雄モザイク」のカブトムシ。角は1本しかなく、左側に曲がっている(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
雄と雌の特徴を持った「雌雄モザイク」のカブトムシ。角は1本しかなく、左側に曲がっている(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)

 オスとメス両方の特徴を持った珍しいカブトムシが、京都市で見つかった。「雌雄モザイク」という突然変異の一種で、専門家によるとカブトムシの報告は年間数例という。発見した親子は「たくさんの人に見てもらいたい」と、滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)に寄贈し、12日から展示を始めた。

 京都市北区の主婦松村直子さん(29)と息子の嘉人ちゃん(3)、篤人ちゃん(2)。5月ごろから自宅で幼虫約30匹を育て、6月下旬に20匹近くが羽化した。その中に、角が曲がった1匹を見つけた。夫が雌雄モザイクについて知っており「『見つかったら面白いな』と話していたのでびっくりした」。生きている姿を大勢に見てもらおうと、27日に同博物館に届けた。

 カブトムシは体長約4センチ。本来オスには頭部と胸部に角があるが、この個体は頭部の1本しかなく、左側に曲がっている。胸部に縦の溝が入り、体の表面につやがない点はメスの特徴を現している。

 雌雄モザイクは性染色体の異常などが原因で、チョウやクワガタムシなど昆虫全般にみられる。昆虫の性差に詳しい基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の新美輝幸教授は「一般的には数万分の1の確率で起きるといわれ、生存しているケースは少なく貴重」と言う。松村さんは「出会えてラッキー。息子たちもカブトムシがかえって喜んでいるので、自然が好きな子に育ってほしい」と話した。

 今月リニューアルした展示室「おとなのディスカバリー」で見られる。要入館料。

【 2018年07月13日 11時30分 】

ニュース写真

  • 雄と雌の特徴を持った「雌雄モザイク」のカブトムシ。角は1本しかなく、左側に曲がっている(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      経済

      宿泊税で京都の地下鉄整備を 鉄道ジャーナリスト梅原氏

      20180720000165

       京都政経文化懇話会7月例会が20日、京都市中京区のホテルであり、鉄道ジャーナリストの梅..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]