出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

野田聖子氏、女性政策アピール
「ポスト安倍」へ動き活発

20180625000178

 9月の自民党総裁選を巡り、「ポスト安倍」候補の動きが25日、活発化した。野田聖子総務相..... [ 記事へ ]

スポーツ

女子テニス、奈良は1回戦敗退
ネイチャーバレー国際

20180625000182

 テニスのネイチャーバレー国際は25日、英国のイーストボーンで行われ、女子シングルス1回..... [ 記事へ ]

経済

W杯健闘、ビールに特需
初戦機に、売り込み続く

20180625000175

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が健闘し、ビール業界に「特需」をも..... [ 記事へ ]

観光・社寺

真夏の暑さ、茅の輪くぐり息災願う 京都・北野天満宮

20180625000102

 本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

教育・大学

「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

20180623000053

 「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

環境・科学

3500人分ゲノム公開、東北大
病気の原因究明へ

20180625000191

 東北大などは25日、健康な人約3500人分のゲノム(全遺伝情報)を解読し、日本人の標準..... [ 記事へ ]

社説2018年06月25日掲載

滋賀県知事に現職の三日月大造氏が再選された。新人で元滋賀大副学長の近藤学氏との一騎打ちを大差で制した。三日月氏は2014年の前回知事選で、嘉田由紀子前知事の後継指名を受けて民主党衆院議員から転身し、初当選した。今回は国民民主党県議らでつくる地域政党チームしがに加え、自民党、公明党からも支持を得た。再選は1期目の県政運営が評価され、次の4年間への手腕に期待が集まった結果といえる。「人、社会、自然」.. 続きを見る

凡語2018年06月25日掲載

開業医だった田辺朋之さんが京都市長になり、1990年から唱え始めたのは「健康都市構想」だった。健康を尺度にまちづくりに取り組む考えで、背景には政令市の中で顕著な高齢化の進展があった。「京都は転機にある」と話していた▼時がたち、所を変え、今度は県政を健康にしようという人が現れた。きのうの滋賀県知事選で再選された三日月大造さんだ。選挙では「健康しが」の実現を公約に掲げ、多くの県民に支持された▼交通の要.. 続きを見る