出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

防災用品や水の売り切れ続出 京都各地のホームセンター

20180620000067

 各地のホームセンターでは、飲料水や防災グッズを買い求める人が増えた。 ホームセンターコ..... [ 記事へ ]

スポーツ

W杯予言猫、また的中
今大会3試合をずばり

20180620000069

 【ボルゴグラード共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、サンクトペテルブル..... [ 記事へ ]

経済

京都の大企業、BCP対応生かす 大阪北部地震で

20180620000040

 18日に大阪府北部で発生した地震を受け、京都の大手企業は、事前に策定していた事業継続計..... [ 記事へ ]

観光・社寺

神輿渡御、輿丁たちが練習 京都・祇園祭、神幸祭向け

20180620000052

 祇園祭の神幸祭と還幸祭で京都市中心部を渡御する神輿(みこし)の担ぎ手たちが、東山区の円..... [ 記事へ ]

教育・大学

ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

20180616000054

 2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

環境・科学

簡易地震計設置で断層探る 京大、高槻・茨木の住宅街

20180620000047

 大阪府北部地震の発生から一夜明けた19日、京都大防災研究所などは震源地周辺の高槻市や茨..... [ 記事へ ]

社説2018年06月20日掲載

体に感じる余震が続いている。大雨も心配だ。5人が亡くなるなど、多大の被害と混乱をもたらした大阪府北部地震。地震の揺れで家屋や建物が傷んでいる恐れもあり、しばらくは余震による倒壊などに十分注意したい。続発するのが余震とは限らない。2年前の熊本地震では、最初の発生より強い地震が約28時間後に起きている。今回も本震と同規模地震が発生する可能性が指摘されている。心得ておく必要がある。政府の地震調査委員会.. 続きを見る

凡語2018年06月20日掲載

鎌倉に住んだ作家の立原正秋は起床後に海岸をぶらつくのを日課にした。相模湾で揚がった魚を求め、食卓に並べて酒の友にした▼新鮮な魚を食べ慣れた立原だが、京のとある店のさばずしも好んだ。入洛するとまず1本買ったという。<脂と酢がこれだけ調和した味はほかにはない>(美食の道)と絶賛した▼サバは同じ内陸の湖国でもごちそうだった。湖北では田植え時期にサバをまるごと焼いた「焼きさば」を娘の嫁ぎ先に届ける風習があ.. 続きを見る