出版案内
福祉事業団

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

秋田の川岸に子アザラシ
愛らしい姿、見物客も

20180117000130

 秋田県能代市を流れる米代川の岸辺で17日、子どものアザラシ1匹が見つかった。近隣の住民..... [ 記事へ ]

スポーツ

エンゼルス大谷がブルペン入り
右足首の手術後初、回復アピー

20180117000110

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は17日、自主トレーニングを行っている千葉県鎌ケ谷市の..... [ 記事へ ]

経済

冷凍倉庫跡であったか鍋パーティー 京都の食品会社が新サービス

20180117000083

 京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区)近くの冷凍倉庫跡を鍋パーティーに貸し出す「ナ..... [ 記事へ ]

観光・社寺

アイヌ同化策に加担、教団の歴史直視 東本願寺で資料展示

20180117000087

 京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺にある参拝接待所ギャラリーで、同派とアイヌ民族と..... [ 記事へ ]

教育・大学

「戦利品同様」と米論文 <持ち去られた被爆者資料>

20180117000026

 1945年。多くの広島・長崎の人たちが原爆症に苦しみ、次々に亡くなっていく惨状の中で京..... [ 記事へ ]

環境・科学

決断の前、家族の思い交錯 <変わる生の形・脳死と救い>

20180117000096

 交通事故にあったという電話を受けて病院に駆けつけると、妻はベッドの上で眠っているようだ..... [ 記事へ ]

社説2018年01月17日掲載

6400人以上が亡くなった阪神大震災からきょうで23年。神戸市中央区で開催される「1・17のつどい」では、竹灯籠を並べて「伝」の漢字が描かれる。被災経験を伝え続け、風化を防ぎたいとの思いがこめられた一文字だ。都市型災害の阪神大震災から学ぶものは多い。南海トラフ巨大地震や首都直下型地震による甚大な被害が予想される中ではなおさらだ。だが、震災の教訓は必ずしも十分に生かされてきたわけではない。災害発生.. 続きを見る

凡語2018年01月17日掲載

喫茶店の焼け跡で温かなコーヒーを無料提供する店主、従業員用の風呂を開放する工場…。被災しながら、近隣の被災した人を支える民間の底力が、写真から伝わってくる▼きょうで阪神大震災23年。神戸市長田区の小学校跡「ふたば学舎」で開催中の企画展を訪ねた。女性に喜ばれた無料洗髪、自転車のパンク修理、タグボートに積んだ洗濯機の利用開放など、震災後2カ月間に撮影された写真パネルが並んでいる▼「わたしら役人には考え.. 続きを見る