出版案内
福祉事業団
47NEWS

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

地下鉄ホーム柵設置、障害者ら歓迎 京都

20141220000086

 京都市営地下鉄烏丸線の烏丸御池駅(中京区)で可動式ホーム柵の運用が始まったことに合わせ..... [ 記事へ ]

スポーツ

ヤンスルードが今季4勝目
W杯男子スーパー大回転

20141220000125

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は20日、イタリアのバルガルデナで男子スーパー大..... [ 記事へ ]

経済

Xマス、和菓子で甘く 京都の各店、年々種類充実

20141220000063

 あんや餅を使った「クリスマス和菓子」が人気だ。ツリー形の上生菓子に加え、木をかたどった..... [ 記事へ ]

観光・社寺

今年1年の感謝、地蔵にささげる 京都・鈴虫寺で法要

20141220000085

 幸福地蔵菩薩(ぼさつ)に今年1年の感謝と来年の無病息災を願う「納めの地蔵」が20日、「..... [ 記事へ ]

教育・大学

冬休み楽しみ! 京都市立学校で今年最後の授業

20141219000082

 京都市内の多くの公立学校で19日、冬休み前の最後の授業や2学期の終業式があった。京都市..... [ 記事へ ]

環境・科学

規制委員長が川内原発視察
避難計画審査は不要

20141220000083

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は20日、年明け以降に再稼働する見通しの九州電力川内原..... [ 記事へ ]

社説2014年12月20日掲載

理化学研究所はSTAP細胞の有無を調べる検証実験で、「200回以上成功した」とする小保方晴子氏自身の実験でも作製できず、予定していた来年3月末を待たずに検証を打ち切ると発表した。STAP論文は撤回されて科学的に白紙になっているが、細胞の存在自体の根拠も失われたことになる。だが、証拠写真やデータがどのように作られたかなど論文作成の経緯は未解明の部分が多い。今後の不正防止のためには、これらの徹底解明.. 続きを見る

凡語2014年12月20日掲載

広辞苑には、往生はこの世を去って浄土に生まれること、大往生は安らかに死ぬこと、立派な往生とある。京都市動物園で今年死んだ2頭も大往生を遂げたと言っていい▼雄のジャガーのグランデは野生寿命の約2倍の25歳で、国内の仲間では最高齢だった。晩年はゆったりと寝ころぶ様子が「癒やされる」と人気を集めた。前日まで入園者に姿を見せ、展示動物の鑑(かがみ)のような最期だった▼雌のツキノワグマのサクラは1975年、.. 続きを見る