出版案内
福祉事業団
47NEWS

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

オウムに抗議「平和な街返せ」 滋賀・湖南のアレフ施設前

20150525000044

 滋賀県湖南市平松の住民でつくる平松区環境整備オウム対策委員会は24日、地区内にあるオウ..... [ 記事へ ]

スポーツ

照ノ富士「まだ信じられない」
初優勝から一夜明け

20150525000059

 大相撲夏場所で初優勝し、大関昇進も事実上決まった関脇照ノ富士関(23)=本名ガントルガ..... [ 記事へ ]

経済

オプション決済、週単位に
大阪取引所、利便性を向上

20150525000029

 大阪取引所は25日、デリバティブ(金融派生商品)の「日経225オプション」のラインアッ..... [ 記事へ ]

観光・社寺

直弼お気に入り、自然斎の湖東焼並ぶ 滋賀・彦根

20150525000063

 滋賀県彦根市本町1丁目の「彦根藩湖東焼たねや美濠(みほり)美術館」でテーマ展「湖東焼自..... [ 記事へ ]

教育・大学

感動させる人材を国際社会へ 京都で教育創造フォーラム

20150524000124

 日本の未来と人づくりを考える「第8回京都21世紀教育創造フォーラム」が24日、京都市中..... [ 記事へ ]

環境・科学

樹齢数百年、巨木守った歴史に敬意 滋賀でツアー

20150525000062

 滋賀県緑化推進会の「巨木・名木巡りツアー」が24日開かれ、参加者が甲賀、湖南、栗東の3..... [ 記事へ ]

社説2015年05月25日掲載

5年に1度の核拡散防止条約(NPT)再検討会議は、最終的な合意文書を採択できぬまま閉幕した。憂慮すべき事態である。ほぼ1カ月に及んだ会議で核兵器保有国と非保有国の対立は埋まらなかった。核軍縮・不拡散を掲げたNPT体制は機能不全に陥り、形骸化が進むことが懸念される。被爆70年の節目を迎えた日本だが主導的役割を果たせず、高齢をおして核廃絶を訴えた被爆者らの落胆は大きい。核の恐怖に危機感を抱く多くの国.. 続きを見る

凡語2015年05月25日掲載

思い立って、今月初め、九州・阿蘇を目指した。雄大な景色を背に牛や馬が草をはみ、ミヤマキリシマやツツジの花が見頃だろうか、などと考えながら車を走らせていると、急に周囲が灰色がかってきた▼火山灰だ。慌てて仰ぎ見た中岳らしき山に噴煙が見えた。御嶽山の噴火以来、火山には怖いイメージがある。噴火警戒レベル2(火口周辺規制)と知っていれば旅先を変えていたかもしれない▼目的地の動物園には灰よけの傘やマスクが準備.. 続きを見る