釣りガイドTOP渡船業者紙面連載丹波 海の生き物たち釣り用語初心者向け釣り仕掛け海の釣り堀
釣りタイムズ
丹後・久美浜エリア 宮津エリア 舞鶴エリア 高浜エリア 小浜エリア 美浜エリア 敦賀エリア
大福丸 (6月27日)安城市の神谷氏、マイカ30センチまで21ハイ、スルメイカ30〜40センチ7ハイ。小浜沖の半夜釣りの釣果。
松福丸 (9月16日)中垣氏ほか、マイカ17〜37ハイ、アジ、カイワリ、チダイ、レンコダイ。
あみや渡船 (8月11日)大津市の植田氏、アコウ20〜47cm18尾、シーバス2尾。
小浜マリーナ (9月15日)紀野氏、サワラ71cm、マダイ44cm。【コメント】沖の方は、かなりのうねりに波があったそうですが、立派なサワラに真鯛を見事GETされ、帰って来られました。 マリーナやっちゃん氏、アオリイカ6ハイ。【コメント】7時前出港〜9時帰港。2時間一本勝負。うねりがひどくて、いまいちテンション上がらなかったそうですが6ハイGETです。
ウミック (9月16日)長岡京市の井ノ口氏、湾内筏でチヌ36cm1匹、サゴシ50cm1匹。京都市の辻氏もチヌ 36cm1匹、イシダイ31cm1匹。 城陽市の内藤氏、潜水艦筏でグレ20cm3匹、カワハギ20cm1匹。 綾部市の四方氏、ヘタが崎筏でアオリイカ12〜17cm22匹、アジ15〜20cm30匹。 福知山市の大釜氏、ヘタが崎筏でアオリイカ10cm前後20匹(15匹リリース)。晴れのち曇り一時小雨、波なし。 【磯】大口町の市川氏ら3人、アオリイカ15〜8cm65ハイ、サゴシ50cm1匹、カサゴ20〜12cm25匹。
大輝丸 (9月16日)京都市の神門氏ら2人、アジ35〜26cm30匹、他にカイワリ・レンコなど多数。
第1・第3秀吉丸 (9月15日)茨木市の治部氏ら、マダイ50〜67cm3匹、チダイ、レンコ90匹、ソイ50cm1匹、アジ15匹、マイカ17ハイ、他にメバル、ガシラ、サバ、イサキ。【コメント】五目の一日になりました。今日こそはとマイカ狙うも不発に。
第十一裕凪丸 (9月16日)富田氏ら、ヒラメ50〜75cm5匹、流し釣り。エサは活アジ。アコウ30〜43cm11匹、ガシラ23〜35cm24匹、マハタ35〜40cm3匹、クロソイ3匹、マトウダイ4匹。【コメント】海上穏やか。今日は頑張って京丹後市沖の遠場ポイントへ期待して出船。5匹GETでした。天候:曇り 風向:特定出来ず 潮:上り潮 水温:23.3度 波高:0.5m。
フィッシングセンター 海友 (9月3日)大阪市の多田氏、アオリイカ7〜12cm87匹。
里美荘 (9月12日)【久美浜沖】川西市の小田氏ら、シロイカ、スルメイカ。【コメント】シロイカ出船。台風からの時化後1週間ぶりのシロイカで不安でしたが、ポロポロ釣れました。まだシロイカ行けそうです。皆さん30〜40ハイゲット。名残惜しかったですが、21時半に長尾鼻西北西17mにて撤収しました。天候:くもり 風向:北西 潮:上り潮 波高:多少あり。
釣船ウオトウ (9月14日)夜釣。大阪の田中氏ら2人、マダイ30〜40cm5匹、シロイカ20〜25cm50匹、チダイ25〜30cm30匹、カワハギ30〜35cm60匹。
わたなべ渡船 (7月13日)岐阜市の大倉氏らアイナメ32センチ、マダイ37センチほか、グレ23センチまで25匹。エサはアケミ貝、コーン。いずれも日向湖イカダの釣果。
一美丸 (9月13日)アオリイカ マイカ【コメント】深夜便でナイトエギングでアオリイカを狙いました。出だしマイカ混じりでアオリイカもぽつり、ぽつり釣れました。途中、活性下がりあちこち移動して拾い釣りしてました。サイズも数もまだまだでしたが今後に期待したいです。
由良川漁協 (8月17日)カサゴ、アコウ。【コメント】何でも釣れたらいいね♪便で出船しました。前半はどこを回っても当たり遠く。でも辛抱強く誘ってくれました。最後のポイントで型は小さかったがカサゴがよく釣れました。船中約90匹。あとアコウも少々。
野洲川漁協 (9月16日)竜王町の内田氏、アユ14・0〜18・0cmを27匹。11:00〜16:00の釣果。中央橋下流 。【状況】−6cm、濁りなし。
廣瀬漁協 (9月20日)アユ15〜18cmを9匹。【コメント】11時過ぎ〜16時頃までの釣果。あちこち探って、余り掛からないので、移動して常案橋の上流の流れが緩やかな所を攻めて頑張ったそうです。雌の腹がパンパン状態に成っている鮎を3匹確認出来ました。
朽木漁協 (9月24日)京都市の橋詰氏、麻生川の熊の畑でアマゴ17cm前後を4匹。15:00ごろまでの釣果。【コメント】 かわいらしいアマゴの横顔です。晴れ、本流30cm減水、濁りなし。支流30cm減水、濁りなし。
大戸川漁協 (10月21日)ニジマス20cm〜を15〜20匹。 【コメント】400gの大物も。フライ・ルアー用に事前放流したものが上流へ移動した模様。
愛知川上流漁協 (7月28日)ひろせ屋から下流でアユ15〜20cmを40匹。【コメント】やっと釣れだしました。
姉川上流漁協 (9月26日)25日、久しぶりにシーズン終盤の姉川上流に渓魚狙いに行きました。道中、蕎麦の花、すすきも満開、肌寒く急に秋到来、午前5時過ぎ、スキー場付近に到着。気温16度、水温13度、この前の大雨で水量多めだがクリア。ミミズの餌で瀬を探りイワナ20cm、上流の堰堤を攻める、二週間ほど前の豪雨で渓相もかなり変わっている。水深はないが岩がゴロゴロしてて大物が潜みそうだ、一投目でいきなりイワナの25cmがヒット。その後もアタリが連発してこのポイントだけで20〜27cm7匹を釣り上げる、かなり活性が高いようだ。その後も各所を丹念に探り数を追加して8時40分、堰堤下流の落ち込みを攻める、一投目でアタリ、ぐいぐいと重量感のある引き込み、慎重にやり取りして無事タモ入れしたのは雄イワナ31cm。その後も甲津原のコテージ付近まで探り下りイワナ、アマゴを追加して11時30分に納竿。イワナ、アマゴ16〜31cmを26匹の釣果。下流域のアマゴの大物狙いはまだ濁りきつく断念したが今シーズン最後の釣行で渓魚の手応えと満足の釣果を得ることができ良かった。
余呉湖漁協 (3月28日)ワカサギ5〜10cmを川並で〜300匹、江土で1000匹以上。【状況】水温6・5度。
勢多川漁協 (12月8日)水況良好!渓流釣り楽しめます。現在、水況も良く釣り人で賑わっています!足場が良いので家族連れの方も安心して釣って頂けます。
土山漁協 (8月7日)野洲川でアユ13〜18cmを20〜30匹。
三谷漁協 (9月19日)石田川でアユ15〜21cmを16〜23匹。9:00〜12:00の釣果。河川状況:平水。
葛川漁協 (9月14日)守山市の牧野氏、アユ13〜21cmを11匹ですが、まず下中村お寺前で20cmの良型のメス。支流 山原前で16〜18cm級。貫井河原で21cmの黒サビの雄などです。京都市の北井氏、13〜19cmを11匹。支流 山原前および坂尻橋下流一帯での釣果。
丹生川漁協 (9月12日)20名程の釣り客、アユを0匹〜10匹。 【コメント】友釣り専用区全般、釣果悪し。川の状況10cm程度の増水、薄濁り。
愛知川漁協 (8月28日)四日市から3人で来られた方の1人、水管橋の少し上流の瀬でアユ15cm程度を150匹位。 他の2人は、アユを100匹程度のようでした。 【コメント】2人のかたは、前日に電話で問い合わせいただいた時にダムの少し下流の場所を案内させていただきましたので、そちらへ行かれたそうです。昼ごろ全然釣れないと電話いただいたので、トロ場は駄目なので、瀬の部分でやるように説明させていただきました。
上桂川漁協 (9月3日)アユを100匹。【コメント】ベテラン漁師の釣果。素掛けも解禁になり、鮎漁全て解禁。平水より約20cm減水、濁り無し。午後5時からの夕立で、平水に回復、濁りあり。
保津川漁協 (7月3日)奥義氏、高雄市営駐車場前でアユ16.5〜19cmを46匹。約4時間。久保田氏・松尾氏、ともに下清滝でアユ35匹。減水のため、アユが群れており、ひと雨降れば、ばらけて釣果も期待できます。減水ぎみのため、場所によりムラがあったものの、まずまずの釣果でした。
美山漁協 (9月12日)全川網漁可能。現在の水況は、本流は−20cmの減水、棚野川は−20cmの減水で共に濁りはありません。現在は快晴、残暑の厳しい一日となりそうです。 平屋大橋下にて良型アユを6匹。昼前の1時間での釣果。 【コメント】網使わず素潜りのみ、1匹掛けると集団で鮎が逃げるようで、網で囲っていればまだまだ掛かったみたいでした。東近江市の山本氏のお連れさん単独の釣果です。
三谷漁協 (3月27日)3月27日(日)天増川渓流釣り解禁します。豪雪のため除雪が進まず、河川に近付きづらい状況です。4月半ば以降には水温も上がり、期待できると思います!
日野町漁協 (11月9日)日野川ダムにて、へらぶなの放流をしました。元気に成長したふな達に是非会いに来て下さい!
大滝漁協 (7月14日)彦根の中島氏がアユ約20cm。【コメント】昨年よりだいたい、小さめですが中島氏が大物をゲットされました。

丹後 海の生き物たち(京都府立海洋センター提供)
ハモ

 ハモは、暖流の影響を受ける海に生息し、京都の海では年に数トン程度がはえ縄漁業でとられています。...続き