京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >見楽ナビ
インデックス

サントリー山崎蒸溜所(大阪府島本町)

名水がもたらす鮮烈な口当たり
独特の香りが漂う中、蒸留工程を歩く(大阪府島本町・サントリー山崎蒸溜所)
 創業者の鳥井信治郎が、1923年に開設した国内で最も歴史のある蒸留所。山崎の地は、桂川、宇治川、木津川の3川がもたらす湿潤に加え、その名水がウイスキー作りに最適といわれている。
 ガイドに先導されて製造工程の見学へ出発。仕込みや発酵、蒸留などを経て、たるがびっしり積まれた貯蔵庫に案内される。独特の暗さと湿っぽさの中にほのかな香りが漂い、もう心地よい気持ちになってきた。
 最後に水割り、ソーダ割りをそれぞれ試飲した。家で飲むのに比べ、香りと口当たりの鮮烈さに驚く。山崎の水の良さを実感しつつ、隣の建物のショップへ。気を良くして、たっぷり買い物をしている参加者も見かける。
 近ごろは、ハイボールや高級品のブームなどで注目を集めているためか、個人での参加が増えているそう。楽しみ方や原酒を飲み比べる体験型講座も、有料にもかかわらず早々に予約が埋まる人気という。
<見学メモ> 大阪府島本町山崎5丁目(JR京都線「山崎駅」、阪急京都線「大山崎駅」から徒歩約10分)。定休日は年末年始。ガイドツアーは午前10時〜午後3時。事前予約が望ましい。無料。案内係TEL075(962)1423。

ウイスキー館に並ぶ原酒約7千本