京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >見楽ナビ
インデックス

日本銀行京都支店(京都市中京区)

1億円の模擬紙幣 手にする体験も
日本銀行京都支店のロビー。飾り気がなく質素な受付だ(京都市中京区)
 普段の暮らしでは、直接お世話になることはない日本銀行。これが正しく機能しないと経済が大混乱し、日常生活はパニックになる。そうならないために果たしている役割や業務について、やさしく教えてくれる。
 「普通の銀行との違いが分かりますか」と窓口で案内の職員が見学者に語りかけた。出入りのほとんどが金融機関や官庁の職員。そのため待ち合いのための雑誌がなく、店内BGMもかかっていない。防犯のため高い柵が設けられていて、ちょっと殺風景な印象を受ける。
 人気はお札の偽装防止技術の確認体験。傾けると浮かび上がる潜像模様や紫外線で発光する特殊インキなど、知られていない工夫について説明があるごとに、会場がにわかに沸き立つ。
 1億円分の模擬紙幣の束(約10キロ)を抱える体験も。一度は味わってみたかった重量感をしっかり記憶にとどめておく。重いか軽いかは、ぜひそれぞれでご判断を。
<見学メモ> 京都市中京区河原町通二条下ル(地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車すぐ)。平日午前10時〜11時40分、午後1時〜2時40分。要予約。無料。10〜20人程度のグループで申し込む。TEL075(212)5151。

模擬紙幣を抱え、重量感を確かめる