京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >見楽ナビ
インデックス

コカ・コーラウエスト京都工場 エコラ館(京都府久御山町)

異次元で再会 懐かしグッズ
懐かしい歴史やグッズが並ぶタイムトンネル(京都府久御山町)
 八角形の扉が左右に開くと、宇宙船の通路のようなトンネルが現れる。スター・ウォーズの世界に入り込んだようだ。1886(明治19)年に誕生したコカ・コーラの歴史を紹介するタイムトンネルで、初の缶入りコカ・コーラや一世を風靡(ふうび)した販促グッズのヨーヨーなどが年代順に展示されている。懐かしさのあまり、ここで思い出話に花を咲かせる見学者も多いという。
 久御山の地下水の良さに着目し1971(昭和46)年から稼働する京都工場では、主にコーラ飲料やコーヒーなどを製造している。
 工場では、1分間に1600缶を充填(じゅうてん)することができるフィラーと呼ばれる機械がぐるぐると高速で回転しながら缶に中身を注ぎ込んでいる。ふたをされた缶コーヒーが何千個とライン上を流れていく。コーヒー好きにはたまらない光景だ。
 最後のチャレンジゾーンにはミニミュージアムもあり、世界各国のコカ・コーラが展示されている。字は読めなくとも、一目でコーラと分かるのが面白い。
〈見学メモ〉京都府久世郡久御山町田井(近鉄京都線「大久保駅」からバスで約15分)。休館日は第1月曜日を除く月曜日と工場ライン運転休止日など。平日は1日3回、土日祝と春・夏休みの平日は4回のツアーがある。要予約。申し込みは2名から。無料。問い合わせはTel:0774(43)5522。

世界各国のコカ・コーラ

動画はこちら