京都新聞TOP > Ki-Yan Experience.~キーヤン・エクスペリエンス~ 京都まちなかアート巡り
インデックス

光・水・風、京都の四季(京都市左京区)

 

写真
各フロアをつなぐ階段の踊り場に描かれた3面の壁画

 今年2月、平安神宮にほど近い場所に建つホテル「京都・トラベラーズイン」で、画家のキーヤンこと木村英輝さんが新作の壁画を制作した。建築家・岩田恵さんが手掛けたホテルの客室改装に合わせ、1階から4階まで続く階段の壁をキャンバスに、四季折々の花や生き物をモチーフとした壁画を完成させた。

写真
客室の窓からは平安神宮の鳥居が見える

 

写真
冬をテーマとした客室。和風の壁紙とキーヤンのイラストをあしらった寝具が個性的だ


 各フロアを行き来する階段は、旅行者が重い荷物を持って部屋へと向かう通路でもある。キーヤンは「ちょっとでも楽しい気分で昇り降りできるように」と、彩色に明るい色を多く用いた。 
 1階と2階をつなぐ踊り場は「春は光」と名付け、満開の藤の花を背にブーメランのようにツバメが飛び交う。2階と3階の踊り場は「夏は水」がテーマ。ひときわ鮮やかなオレンジに彩られたカワセミが、青い蓮の池を越えて羽を広げる。最上階の踊り場は「秋は風」と題し、大輪の菊の花と、秋真っ盛りの紅葉の中を跳ね回る鹿を描いた。キーヤンは「壁面の凹凸が、逆にいい効果になった」といい、照明を受けた輪郭の金色の線がくっきりと浮かび上がっている。

写真
「春は風」藤の花の間をツバメが飛び交う壁画

 

 

写真
「夏は水」オレンジが鮮やかなカワセミが蓮の上に羽ばたく

 

写真
「秋は風」大輪のボタンの迫力と、どことなくユーモラスは鹿の表情が好対照

  壁画の見学、宿泊の問い合わせは京都・トラベラーズインTEL075(771)0225。

【2017年03月23日掲載】