京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >つじあやのKYOTO GIRLの散歩道
インデックス

つじあやの KYOTO GIRLの散歩道

(5)お正月は家が一番!
イラスト・ナカムラユキ
 皆さん、明けましておめでとうございます! お正月は楽しく過ごされましたか? 京都のお正月っていつも不思議。だって近所は静かやのに、神社仏閣はすごい人出。差が激しい。観光客の方も多いようですが、全体的には静かな印象。みんなどこ行ってんにゃろ。
 今年のお正月は京都に居ながらホテル泊まり。初めてです。というのも実家を建て替え中で、両親の仮住まいに家族5人全員集合は定員オーバーだから。「みんなで雑魚寝もおもろいやん」という父の意見も無視し、私1人優雅にホテル。だって京都でホテル宿泊の機会なんてなかなか無いんやもん。あ、そういえば何年か前にあった! お正月に家族で宿に泊まった。家からそんなに遠くない、やや観光地に。
 乗り気ではない家族をよそに、勝手にとある温泉宿を予約。年末ギリギリやったしあまり選べなかったんだけど。車に乗り込み、風情ある山里を走り、宿に到着。あれ? 旅館というより民宿っぽい? でもひなびた山荘って感じで悪くないんじゃない? とにかく部屋に行こ行こ。
 ん? 確か5人で予約したはずやけど2部屋? 男女別室!? 親子水入らずのはずやってんけど…まあ食事がゆっくり出来ればいいか。と、思いきや、食事場所の大広間は学生さんでいっぱい! ちょっと〜合宿にはまだ早いんちゃうん? ワイワイしすぎ! 静かなお正月が…。
 「こらこれでいいんか?」と自問しながら温泉につかり、部屋に戻ると、母も姉もコタツにテレビでだら〜。隣覗(のぞ)いたら父も兄もだら〜。なんじゃこりゃ、家と同じやん! ていうか家の方が良かった!! まあ、いい想(おも)い出になりました。京都の名旅館でお正月…なんて憧(あこが)れちゃうけど、やっぱ家が一番!早く新しい家、出来ないかなあ。
2009年1月5日掲載