京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >ねんてん先生の575
インデックス

(60)薫風もあんぱんも“おいしい”

作 品

・床の間で家族を守る武者人形
京都市・大宅小3年 辻 雪輝乃

・バーベキュー5がつのかぜもおいしいよ
京都市・大宅小1年 辻 咲雪輝

・はるキャベツやきたてあんぱんどっちかう
京都市・嵯峨野小1年 西田 翔

ねんてん先生

 辻雪輝乃さんの句は、武者人形がとても強そうです。人形は床(とこ)の間(ま)にどっしりといるのですね。辻さんは「ぷりぷりと鰆(さわら)の食感シンプルよ」とも作ってくれましたが、こちらは鰆がとてもうまそうです。

 辻咲雪輝さんの句を読むとバーベキューがしたくなります。「5月のかぜ」に吹かれながら。5月の風は「薫風(くんぷう)」とも言います。草や木の若葉の匂(にお)いを運んできます。「こいのぼりびわこのかぜにふかれてる」も辻さんの句ですが、こちらの句でもびわ湖の薫風が吹いていますね。5月の風はバーベキューやこいのぼりを引き立てています。

 西田さんの句。私だと、春キャベツもやきたてあんぱんも買います。どっちかを選べ、と言われたら、これはもうあんぱんです。

 私はあんぱんが大好き。もう30年近く、朝食はいつもあんぱんです。1個か2個を食べます。あんぱん、ヨーグルト、チーズ、野菜ジュース、そしてコーヒーが私の最近の朝食メニューですが、やわらかな春キャベツのサラダとあんぱんの朝食もうまそうなので、こんどは春キャベツとあんぱんを買ってきます。西田さんもどうですか。(俳人・佛教大教授 坪内稔典)

【2010年5月30日掲載】
小学生の俳句を募っています。作品3点までと、住所、氏名、学校名、学年、電話番号を明記し〒604―8577 京都新聞文化生活部「ねんてん先生の575」係。メールは575haiku@mb.kyoto−np.co.jp