京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

月と太陽のオブジェ

月と太陽 まるで異国のカーニバル

 旧京都電電ビル西館のレトロな外観を生かした新風館(京都市中京区)。ステージも見渡せる中庭は、憩いの空間として人気のスポットだ。
 いすに腰掛け、五月の風を楽しむ。輸入衣料を扱うワゴンショップの横で、月と太陽のオブジェを見つけた。回転しながら光の反射で輝き、色彩を放っている。アメリカで店舗のディスプレーとして使われている。
 日没の瞬間を待って、オブジェが空に浮かぶようにシャッターを切った。新風館のきらびやかなライトを背景に、夜空に輝く月と太陽の風景は、華やかな異国のカーニバルのよう。

【2008年5月21日掲載】