京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

京都造形芸術大学

光にぬくもる創造空間

 恵まれた自然の中でアートを学び、発信する京都造形芸術大(京都市左京区)。白川通からキャンパスの最上部まで約三百段続く「天に翔ける階段」。天空に届くかのように伸びた階段は、卒業してからも、思い出として語り草になるという。
 昨年、その階段に沿うように、新校舎「至誠館」が完成した。印象に残る建造物だ。階段に覆いかぶさるように傾いた校舎。鋭角なラインの冷たさを、御影石の柱に輝く夕日の柔らかい光が温かさに変える。
 作品を片手に、生徒が階段を下りてきた。球体のオブジェが光に包まれ、天空から舞い降りる。アートな空間で創造される作品にも、ぬくもりを感じた。


【2009年2月18日掲載】