京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

京都文化博物館別館

西欧文化の時代が香る

 京都駅ビルを代表に市内で近未来的現代建築が増えている中、烏丸三条付近では、明治時代に建てられたれんが造りの建造物が数多く残っている。
 京都文化博物館別館(京都市中京区)もそのひとつ。重要文化財で旧日本銀行京都支店。一九八八(昭和六十三)年に修理・復元され、現在は展覧会やコンサート会場などイベントホールとして利用されている。
 正面からホール内を見渡すと、華やかな西欧文化の時代が香る。目に飛び込んだのは、創建当時をしのばせる鉄製のカウンタースクリーン。古写真を参考に復元されたデザインは洗練されたアートを感じさせる。世紀を超えても残る美は、いつの時代でも輝きを失わない。


【2009年3月18日掲載】