京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

クレーンゲーム

夢が詰まったカプセル

 かわいらしい人形が、山のように積まれている。そこは夢がいっぱい詰まった、カプセルの中に広がる小宇宙。カップルや学生が機械の前で声を上げ、ゲームを楽しんでいる。
 クレーンゲームはゲームセンターやショッピングモールだけでなく、今や国際空港にも設置されている。人気の秘密は、誰もが楽しめる単純さにあるようだ。
 クレーンを動かしながら、お目当ての人形をつり上げ、穴に落としゲットする。これが意外と難しい。空間を把握する能力や重量バランス、操作のタイミングと、すべてがそろわなければ、クレーンの取っ手はむなしく空を切るばかり。まるで宇宙飛行士にでもなった気分。子供も夢中になるはずだ。
 人形を手にした時の輝いた瞳と笑顔。カプセルの中には夢がある。昔、駄菓子屋の前で「ガチャガチャ」に夢中になった子ども時代を思い出した。

【2009年5月20日掲載】