京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

地球儀のあるコーヒーショップ

気持ち安らぐ地球儀オブジェ

 午前6時30分。コーヒーの香りと食器の擦れ合う音が混じり合う開店前。中央では直径1メートル50センチの地球儀が、目をこらして見ていなければ気づかないほどの速度で、ゆったりと回っている。
 烏丸通蛸薬師(中京区)にあるコーヒーショップ。店内のオブジェとして地球儀がある。海の青や大陸の金色、コーヒーの実の赤が鮮やかだ。産地を描くことで、世界中の人々にコーヒーが愛されていることを表現しているという。見ていて楽しくなるデザインで、気持ちも安らぐ。
 午前7時。開店と同時に、出勤前のサラリーマンやOLがカウンターに列をなす。1日の始まり、それぞれの時間をコーヒーと一緒に過ごす。地球儀の周りで流れる空気を楽しむかのように、皆、くつろぐ。

【2009年6月17日掲載】