京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

天井に置き去りUFO

時空を超えたア−ト

 UFOが京都のビルに落ちていた! 宇宙人の襲来か? そして彼らは、UFOを置き去りにして姿を消した…。時は1989年、日本がまだバブル景気に浮かれているさなかの出来事。目的は偵察か侵略? それとも何らかの警告か…。

 といった想像をかき立てるような、巨大なUFOのディスプレー。京都市中京区河原町通蛸薬師にあるビル1階の輸入雑貨店に入り、天井を見上げると、いきなり目に飛び込む。当初はメタリック色に輝き、丸い照明も回転していたらしいが、今は塗装も赤さびて、置き去りにされたような様子が強調されている。

 色彩感あふれる店内と古びたUFO。その対比が時空を超えたアートに見えた。

【2010年1月13日掲載】