京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

三原色のモニュメントと京都タワーライトダウン

夜空に1時間の三原色

 午後7時、京都タワーの照明が落とされると、京都駅ビル(京都市下京区)にある三原色のモニュメントが夜空に浮かび上がった。ほんの1時間、同タワーに代わって駅前の夜空を彩るステージを任されたかのように、輝きを放った。

 今月1日の「省エネの日」、京都、大阪、堺(大阪府)、神戸の関西4政令指定都市が、地球温暖化対策の一環として約1時間のライトダウンを実施した。

 見慣れた空間も光景がいつもと違えば、別の何かが見えてくる。昼と夜。光と闇。その時々で浮かび上がるアートもある。p>

【2010年2月17日掲載】