京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

見守る仏像 ネオンの後光

仏像のディスプレー

 3体の光る仏像が、下界を見下ろすかのようにビルの2階に並んでいる。背後に輝くネオン管が、後光のようでユニークだ。東洋と西洋が融合したにぎやかさが、楽しい。

 中京区・新京極通錦小路上ル東側のファッションビルに、昨年4月オープンした雑貨店のディスプレー。京都らしさを意識して、仏像のインテリアライトを設置したという。以来1年間、仏像は新京極商店街を見守ってきた。

 国宝や重要文化財指定の仏像が数多くある中で、少し風変わりな仏像も、京都ならではのおもしろさ。

【2010年4月21日掲載】