京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

四条河原町交差点

遊べる空間 夜空に浮かぶ

 祇園祭で歩行者天国になった四条通。交差点のど真ん中に立って見上げれば、そびえ立つビルが夜空に浮かび上がる。普段は車の往来が激しく、見ることのできない幻想的で不思議な光景。照明の効果で、昼間とは違った表情を見せてくれた。

 京都市内の繁華街の中心として栄える四条河原町(下京区)。近年は京都高島屋の外観がリニューアルされたり、銀行が商業ビルに建て替えられるなどして風景も様変わり。大型店は京都駅周辺に集中しているが、「遊べる空間」としては、やはり河原町界隈(かいわい)が面白い。

 買い物客やデートの待ち合わせの若者、仕事帰りのサラリーマンなど、交差点にはさまざまな人が行き交う。時間とともに、人と街の表情が変化する。

【2010年7月21日掲載】