京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

ピンクの壁紙

京をイメージ 店内は異次元空間

 女子中高生向けのセレクトショップが今年4月、京都市中京区新京極通四条上ルにオープンした。外観は寺院のような二重の塔だが、中に入ると、まばゆいばかりの色彩に目がくらむ。

 舞妓姿のマネキンや天井からぶら下がるちょうちん。黒地に、鮮やかなピンク色のサクラとモミジをデザインした壁紙が、吹き抜けの天井や壁を覆う。

 観光都市・京都を表現した異次元空間。店内は、修学旅行生や女子中高生たちでにぎわう。隣接の姉妹店は市電を模した外装で、こちらもピンク色が異彩を放つ。

 寺や塔、かつて路面を走った市電…。懐かしい風景を斬新な色彩で塗りつぶす。この遊び感覚が、次世代の新しい風景を生み出すのかもしれない。

【2010年9月15日掲載】