京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ >まちなかアート
インデックス

カプセルホテル

未知の星へ旅、明日への休息

 地球を離れ、長旅の眠りから目覚めれば、未知の星での第一歩が待ち受ける。それまでのひとときの休息。明日のための眠り…。

 SF映画の世界を連想してしまう。京都市下京区寺町通四条下ルにある、京都では珍しいカプセルスタイルの宿泊施設。観光客に出張のサラリーマン、近隣の飲食店の客や従業員など、利用者はさまざま。なかでも7割以上を外国からの観光者が占める。

 「外国の方は、時間の過ごし方と金銭感覚が合理的。宿泊は快適な睡眠だけで十分、もっと外で楽しみたいということでは」と支配人の竹中将司さん(38)は話す。

 旅の眠りは、明日への期待感でいっぱい。ベッドの中で見る夢は、無限の広がりを感じるのではないだろうか。

【2010年10月20日掲載】