ホーム > グルメ > おすすめこの店

食感に生きるチジミの伝統
くれしま

 おいしいお好み焼きのお店です。なれた鉄板では、ときには焼きそば、焼きうどんも食べられます。店内は京大や精華大などの学生、帰宅途中のサラリーマン、そして夕飯代わりに訪れる家族連れらでいつもにぎわっています。
 お店のお好み焼きは、新鮮な野菜とお肉、歯ざわりのよいエビとイカなどの食材を、極上の粉をといて、たまごをつなぎに厚い鉄板で焼きます。味のいい具やかしわの一品ものも注文できて、ビールもすすみます。
 お客のほとんどが優しいお母さん(オモニ)の笑顔とその鮮やかな腕前にひかれて来店するのです。ひょっとしたらみんなオモニにあいたくて行くのでしょうか。そしてご主人がまた大人(たいじん)です。この人は教師なんですが、1日の勤務を終えて帰宅するやいつもお店の主。とても明るく国際的な話題が豊富で、先生方もよくおいでになります。声高に話すのは、教師の常ですが、この声が人間味あふれる店の雰囲気を醸して楽しいです。
 とにかく一度行ってお好み焼きを食べると、なぜかまた行きたくなるお店です。韓国の食文化・チジミの伝統が「くれしま」のお好み焼きの、あの分厚い食感に生きています。
◇推薦人 京都精華大学人文学部教授 橋本初子さん
■住所
京都市左京区田中里ノ内町114―2
■電話
075-711-6055
■営業時間
18:00-2:00。カウンター4席にテーブル3席(12人)、座敷3席(15人)。木曜定休。お好み焼きはブタ玉、牛玉、イカ玉が580円、学割モダン650円、ミックス780円など。

紙面掲載日:2004年08月23日
データ更新日:2006年05月13日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版