ホーム > グルメ > おすすめこの店

驚くほどおいしい伊勢の鮮魚
かっぽう料理 花美ばし

 週に2、3回は来ています。1番は素材に引かれて。鮮魚はすべて伊勢湾でとれた伊勢ものなんです。2番は主人・橋爪通さんの腕、3番目は夫婦親子でがんばっている店の雰囲気ですな。
 私は大分県の出身で、関サバや城下カレイを食べて育ったので、魚には少々うるさいと思っている。その私が、驚くほどおいしいものを食べさせてくれる。
 この店がオープンしてもうすぐ6年、私が知ってから3年ほどかな。知人と初めて来て、即ファンになった。ところが世間は狭い。東寺の近くにある伊勢の魚を扱う「いせや鮮魚」(京都市南区)をひいきにしていることを話すと、その鮮魚店のおやじさんが父親だと言うんでしょ、不思議な縁を感じましたね。
 サバ、アジなどの青物が好物で、うれしいのは良いサバが入ったときなど刺し身で食べさせてくれること。これから蕪(カブラ)蒸し(1500円)、アナゴの炭焼き(1500円)もおいしい。女性に人気の貝柱の和風コロッケ(1500円)もいけます。太巻きずし(3500円)、あなごちらし(3000円)はおみやげにしている。
 私は単品で頼むことが多いが、5500円と7500円のコースもおすすめです。フグのコース(1万円から)もぜひ。
◇推薦人 真言宗総本山東寺執事長 森泰長さん
■住所
京都市中京区七本松通丸太町上ル
■電話
075-821-3377
■営業時間
17:30-23:00、日曜が定休(祝日は営業)。カウンター(10席)、小上がり(計21席)、小座敷(4人)。

紙面掲載日:2004年11月29日
データ更新日:2006年05月15日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版