ホーム > グルメ > おすすめこの店

京の歳時記、演出
料理旅館 き乃ゑ

 おかみの宮田節子さんがお友達なので私の学院の新年会やパーティーなどによく使わせてもらっていますが、何といっても一押しは手軽に頂けるお昼の「点心」(4226円)です。
 学院の生徒さんたちや東京の知人との清水坂かいわい散策の後によく立ち寄りますが「これぞ、京都の食文化」と、みなさんに喜ばれます。
 玄関を入ると、日本庭園を眺め、花や掛け軸など高級料亭らしいしつらいの和室に通されます。出てくる「点心」も如月、弥生…と、京都の四季の移ろいに合わせた新鮮な素材が漆塗りの容器に盛り付けられ、そして先付けやお造り、果物までが清水焼の器に盛られ、京の歳時記と京料理がみごとに演出されています。
 京の料理旅館のお味と雰囲気を、お昼間にちょっとつまみ食いしたぜいたくな食文化の空間が、お安く味わえます。最近は観光客の東山散策の人気スポットとしてお昼間のお座敷は、味にうるさい熟年女性グループや若いカップルらでにぎわっているみたいです。
 それに、食べる人もさることながら一番喜んでいるのは「きもの」ではないか、と思いながらおいしい料理を頂いています。きものの似合う風景にぴったりのとっておきのグルメスポットです。
◇推薦人 きもの研究家 服部和子さん
■住所
京都市東山区東大路安井角、祇園毘沙門町
■電話
075-561-1230
■営業時間
昼食は11:30-14:00、夕食は17:30-21:30。年中無休。小部屋13室と大広間があり、収容人員は60人。

紙面掲載日:2005年02月21日
データ更新日:2006年05月13日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版