ホーム > グルメ > おすすめこの店

旬の魚介や野菜 気さくな雰囲気で
旬菜食房「かとう」

交通の便がよく、通路の奥だから顔がささず、安い割にうまい。気さくでぬくもり感があり、テーブルの隣席は少し離れていて大衆酒場ほどやかましくない。じっくり話しながら酒と料理を楽しみたい時、会社の来客や友人と30数年前から通っている店です。
 2代目店主の加藤久雄さんは調理のレパートリーが幅広く、全国の魚介類と野菜をはじめ仕入れる旬の食材も多様。日替わりのメニューは単品中心に60種以上あり、「小浜から直送便でアジやサバが届いた」などと話してくれます。値段は上がボリューム感のあるつくりの盛り合わせ、本マグロ大トロの各1580円どまり。富山の生ホタルイカ(1050円)、滋賀・渓流の春アマゴ塩焼き(530円)、春野菜の天ぷら(同)など季節感を味わえ、懐かしいクジラのベーコン切り落とし(同)やカツ(680円)などを楽しめるのもうれしい。すしや茶漬け、雑炊で仕上げる時もあります。
◇推薦人 かもがわ出版常勤顧問 湯浅俊彦さん
■住所
京都市中京区丸太町通堀川東入ル
■電話
075-231-8912
■営業時間
営業時間は17:00-23:30(=ラストオーダー)。日祝日定休。1階はカウンター7席、掘りこたつ式テーブル5席20人、小部屋2室18人、2階は座敷60人。

紙面掲載日:2007年04月02日
データ更新日:2007年05月09日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版