ホーム > グルメ > おすすめこの店

浜田港直送の干物に 弾むふるさと自慢
炭火酒房 だんだん

 丹波橋通の竹田街道沿いにあり、自宅にも近いお国自慢のお店なので、しょっちゅう出かけます。山陰島根沖でとれる干物の炭火焼きとおばんざいがおいしい大人の味の酒房です。主人の重松信治さんは地元桃山高校から島根大へ進学し、島根の海と湖の幸にすっかりほれて京都へUターン。島根県人の女将芳本美由己さんと共に開店されました。お店はわが故郷と京都の橋渡し役といったところです。
 私の定番は浜田港直送の山陰名物、のどぐろの一夜干し(600円)と白イカの一夜干し(700円)などをあてにお酒をいただきながら、ふるさと自慢で盛り上がります。最後に奥出雲の仁多米のご飯におばんざい(1品400円前後)と宍道湖のしじみのみそ汁で仕上げます。飲んで食べて3500円−4000円前後と比較的庶民料金です。何せわが島根は「名前の知られていない県」のワースト1。石見銀山に続いて海と湖の幸で最下位脱出に懸命です。
◇推薦人 京都島根県人会会長 小川龍朗さん
■住所
京都市伏見区大宮町575−15
■電話
075-621-1811
■営業時間
17:00-24:00(ラストオーダー23:30)。水曜休み。カウンター9席、テーブル1席。

紙面掲載日:2008年02月04日
データ更新日:2008年02月04日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版