ホーム > グルメ > おすすめこの店

基本料理は懐石 板長の心がこもる
京遊膳 加賀野

 気さくな女将に、若い3人の板長が客の好みを考え腕をふるう料理が気に入り、夫婦で、また気の合った仲間とよく利用します。夜は常連客が多く「黙って座れば、好みの品が出る」というのも分かる気がします。店の料理の基本は懐石。これにさわやかな久美浜の地酒が合い、私に至福の時間を演出してくれます。夜のお好み懐石は八寸、造り、スッポンスープ、揚げ物、煮物など季節の旬を取り入れた8品。値段は男性1万円、女性は7千円(ともに酒代・税込み)で、初めての来店客にはおすすめだそうです。
 昼はコーヒーが付く「三段弁当」と「日替わり定食」(各980円)の2つ。後者は日替わりで焼き魚、天ぷらなどが付き、近くの会社員やOLらに人気です。ほかに八寸、造りが付くちゃんこ、すき焼きなど鍋料理も。いずれもネタは新鮮。それに互いに切磋啄磨(せっさたくま)し腕を磨く板長の心が料理に込められている、そんな感じのお店です。
◇推薦人 京都岡山県人会ゴルフ同好会会長 弁護士 松枝述良さん
■住所
京都市上京区小川通下立売下る東魚屋町。
■電話
075-212-1019
■営業時間
昼=11時30分−13時30分(月−金)、夜=17時30分−22時(月−土)。日・祝日休み。カウンター13席、2階座敷は4テーブル(16−20人)。

紙面掲載日:2008年02月18日
データ更新日:2008年02月18日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版