ホーム > グルメ > おすすめこの店

一品一品に店主の哲学を込め
仏蘭西料理 エトワール

 以前、同志社大学寒梅館のレストランにいた寺戸崇さんが、最近開いたお店です。新鮮な肉や魚のほかスープやソースの味が口になじみ、打ち合わせや大切な客人を迎えたときなどに利用します。二階の落ち着いた大人の雰囲気のテーブル席が好きで、ここで時間をかけて味わう料理は最高です。
 夜のコースは「エトワール」(8400円)に「ルミエール」(6300円)の二つがあります。前菜のフォアグラのソテーと賀茂なすの煮込み、冷たいトウガンのスープなど、それぞれ旬の食材を生かした七、八品には「客をハッピーに」という芸術性豊かな寺戸さんの哲学が一品一品に込められている感じです。ランチでは、コースの「デジュネ」(3000円、五品)が、若いカップルやご夫婦、女性らのグループに人気だそうです。
 近くに詩仙堂や徳川家康ゆかりの圓光寺などの名所も多く、観光客らも立ち寄るこぢんまりしたお店です。
◇推薦人 同志社大学学長 八田英二さん
■住所
京都市左京区一乗寺谷田町
■電話
075-702-0700
■営業時間
ランチ=11時30分−14時30分、ディナー=18時−21時。水曜休み。1階はカウンター8席、2階にテーブル4席(各4人掛け)。

紙面掲載日:2008年08月11日
データ更新日:2008年08月11日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版