ホーム > グルメ > おすすめこの店

舌にとろけるハンバーグのうま味
炭火焼き料理 グリルミヤタ

 日本で初めてハンバーグを炭火で焼き、ステーキを箸(はし)で食べさせたのがマスターの宮田祐司さんです。ママの律子さんと三条大橋西詰に開店されたのは1964年。私は翌年の「新選組血風録」出演から超多忙となり、スタミナをつけようと案内されて以来の付き合いです。肉料理のおいしさに一度でとりこになり、店の移転後も通い続けています。南座に近いこともあって芸能関係の客が多く、東京や海外にも知られています。
 備長炭の熱で包み込むように焼き上げたハンバーグは、黒毛和牛のうま味を封じ込めて舌にとろけます。野菜やめんどりを煮込んだソースは名脇役で、ご飯につけても美味。ステーキも余分な脂が熱で絶妙に除かれ、心身をリフレッシュさせる本物の味です。コーンの甘みが心地よいスープには癒やされますし、クリームコロッケも奥深い味わいです。ハンバーグディナーセット(3000円)、ステーキディナーコース(5000円〜)などはお値打ち感があります。
◇推薦人 推薦人 俳優 栗塚旭さん
■住所
京都市東山区縄手通(大和大路通)四条上ル 鴨東ビル地下1階
■電話
075-525-0848
■営業時間
17時−23時(ラストオーダー22時30分)。月曜休み(祝祭日なら営業)。カウンター22席、1テーブル8席。

紙面掲載日:2008年09月01日
データ更新日:2008年09月01日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版