ホーム > グルメ > おすすめこの店

京料理と地方の美味 元舞妓がおいでやす
小料理 十五夜

 ダイヤル式の黒電話、壁を飾る西陣帯の縦糸…。古い物も若いセンスで生かした店は心地よい。店主の鵜川隆史さん(31)は味に工夫があり、女将の千花さん(26)は元舞妓で接客に熱心。京料理の良さと地方の美味を手ごろな値段で楽しめ、開店4年で客は中年の常連が多い。海好きの私は珍しい魚や焼酎にひかれ、社員らと週1、2回立ち寄ります。
 魚は味を濃縮した干物が一番うまく、五島列島のアジや水イカ、特にサバは焼くと油がジューシー。伊勢の磯ものでコチやタイ、オコゼは塩焼きか唐揚げ、刺身でもなじめる味わいです。丹波で平飼いした雌の地鳥は昔の味。酒も多様ですが、私は少なくなった臭い薩摩の芋焼酎を選びます。おばんざいは旬の持ち味を生かし、上品な仕上げです。ゴボウの繊維質に沿って切ったキンピラ(400円)はおつまみ向き。キノコのシュウマイ(600円)はあっさり系のうまさ。秋田の稲庭うどん(800円)、小浜のへしこの茶漬け(600円)などもおすすめです。
◇推薦人 ブレーントラストコーポレイション 代表取締役 勝部廣司さん
■住所
京都市中京区高倉通蛸薬師上ル東側
■電話
075−231−3464
■営業時間
18時〜翌2時。日曜休み。カウンター12席、掘りごたつ式座敷8席(要予約)。

紙面掲載日:2009年06月22日
データ更新日:2009年06月23日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版