ホーム > グルメ > おすすめこの店

塩、水、タレなど「基本」に
割烹 しまや庵

 知り合いの方に紹介されたお店で、気のあった仲間や友だち、時に子どもを連れて、時々お邪魔しています。包丁を握る代表の伴野均さん(47)は、京都や横浜の一流の和食店で修業を積み、食材はもちろん、おダシに至るまでとことんこだわられる。塩、水、タレなど「客の目に触れない基本を大切に」というのがモットーで、例えばチベット産の岩塩、水は京都の名水などといった具合です。
 季節の移ろいを感じ、ほっこりしたい時は、多彩な旬の一品もいいですが、私は大抵おまかせ料理(5千円前後)を頼みます。その中で春先でしたが、くず煮のお鍋で食したアワビやウニは、生で味わうのとはまたひと味違い絶品でした。先般は、おまかせ料理にお祭りのハモ寿司が付き、お店の心遣いに感激しました。他に人気の会席「庵コース」(8品、5千円)や「千鳥コース」(同3千円)もおすすめですね。それとお昼の「ミニミニ定食」(8品、800円)が近くの会社で働く社員らにも大好評ですよ。
◇推薦人 華道研究家 喜多照美さん
■住所
京都市下京区高倉通仏光寺上ル東側
■電話
075−361−2012
■営業時間
夜は17時〜22時、昼は12時―14時。定休日は日曜と祝日。カウンター7席と小あがり(8人)、2階の座敷は2間(20〜23人)。

紙面掲載日:2009年07月27日
データ更新日:2009年07月28日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版