ホーム > グルメ > おすすめこの店

味の良さに女将の人柄  常連らが夜な夜な集う
おばんざい すま

 女将の西村明代さんとは中学時代の同級生。店も家の近くで友人や社員らとよく足を運びます。町家を改造した和のしつらえは、ほっこりして和みます。おばんざい(1品350円−600円)が中心ですが、ほかにエビチリ、酢豚などの中華もの、ハンバーグ煮込みなど洋ものも出て楽しい。いずれも料理好きな女将の手づくり。旬の食材にこだわり、魚は日本海産を入れているそうです。
 私の場合、酒の肴(さかな)に人気の水ギョーザ(5個・500円)やヒジキコロッケ(700円)など2、3品を選べば身も心も芯からくつろげ、最高です。とにかく味の良さは客の誰もが認めるほど。味が一品一品に染み込み、食材を引き立てている。目の前に並ぶナスとニシン、トウガラシとジャコなどのおばんざいも見逃せません。ご近所の常連さんらに親しまれている店ですが、明るい女将に味の良さ、手ごろな値段、それに店の奥ゆかしさが口コミなどで伝わり、最近は若い女性やカップルらも増えているそうですよ。
◇推薦人 ワタナベ楽器店取締役社長 渡邊保さん
■住所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上ル西革堂町
■電話
075−211−0797
■営業時間
17時30分〜23時。定休は水曜日と第3木曜日。カウンター(掘りごたつ式)6席、座敷(6人)

紙面掲載日:2009年08月10日
データ更新日:2009年08月11日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版