京都新聞TOP > 事件・事故アーカイブ > 精華大生殺人事件
インデックス

捜査特別報奨金さらに1年延長

最高300万円 更新は2回目
情報提供を求めるポスター
京都市左京区岩倉で2007年1月、京都精華大マンガ学部の千葉大作さん=当時(20)=が殺害された事件について、警察庁は、解決につながる情報の提供者に最高300万円の懸賞金を出す「捜査特別報奨金」制度の適用を更新する。期間は14日から1年間で、更新は2回目。  京都府警によると、千葉さんの母淳子さん(50)は「みなさんの情報が頼りです」と話しているという。  情報はこれまでに483件が寄せられ、そのうち今年に入って80件以上あった。府警は現在、14人態勢で捜査を続けており、今回新たに情報提供を求めるポスターを2万枚作った。捜査本部(下鴨署)のフリーダイヤルは(0120)230663。