京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > いざ新社長
インデックス

新製品軸に成長狙う

松風 根来紀行さん
根来紀行さん

 国内シェア5割の人工歯類をはじめ歯科材料大手メーカーで、入社以来30年近く開発畑一筋に歩んできた。研究開発部門出身の社長は5代ぶりだ。今も時間が許す限り古巣に顔を出し、時には会社近くの居酒屋で若手開発者の夢や悩みに耳を傾ける。「メーカーは新製品が命。下には口うるさいと思われているでしょう」と笑う。

 創立90周年に当たる2012年に売上高を180億円に伸ばす中期経営計画達成が当面の課題となる。研究開発部長時代に今後3年間に投入する新製品のリストを作成。新製品の売上高比率15%は精査を重ねた末の数字で、「描いた成長に無理はない」と自信を示す。

 国内市場は成熟しているが、「検査・診断機器でまだ伸びる余地がある」と新分野開拓に意欲をみせる。歯科医や歯科技工士向けに研削材などの製品活用法を広める研修施設を全国展開するとともに、昨年買収したネイル事業の拡大も狙う。

 海外市場にも積極展開を図る。販売網を構築してきた欧米や中国に加え、年内にもインドに営業拠点を設ける。経済発展に伴い歯科受診の増加が見込まれる新興国にも軸足を置き、海外売上高比率を今後3年で現在より5ポイント増の30%に高める。

 息抜きは自宅でのスポーツ観戦。「真剣勝負に引かれる」と、野球、テニスから柔道、剣道まで対象は幅広い。休日は自宅周辺を1時間以上歩き、気になり始めたおなかに気を配っているという。京都市在住。53歳。

【2009.07.29掲載】