京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

戦国武将京竹ストラップ

ベルウッドクリエイツ(京田辺市田辺中央)
 −「戦国グッズ」で一番人気だとか?
 運営する戦国武将の総合情報サイト「戦国魂」で月500−1000個売れる携帯ストラップ。伊達政宗の仙台笹や真田幸村の六文銭、武田菱をはじめ、40人以上の武将の家紋、旗印などを円く切った天然の竹に彫り上げ、柿渋の味わいも好評です。
 −商品化の経緯は?
 鈴木智博代表(32)が1年半前のサイト開設時に若者の戦国興味を引き、新感覚で身につけられるものをと企画。地域おこしも狙い、エジソンの電球に使われた良質な山城産の竹を地元工房で加工してもらっています。
 −商品展開の工夫は?
 全国の通販会員1800人や閲覧者のアンケートで要望が多い武将の新作を順次出しています。戦国知識のミニ解説もミソ。飾りでなく旗指物タオル、Tシャツなど日用品中心に広げています。
 価格は1575円。戦国魂(http://www.sengokudama.com)で。

 山城地域に意外に多い全国ブランド、隠れた新名物を紹介していきます。
[2007年3月8日掲載]