京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

岩絵具キット

ナカガワ胡粉絵具(宇治市宇治)
「岩絵具キット」
 −日本画独特の鮮やかな色を出す顔料ですね。
 乾き色と言われますが、油彩やアクリル絵具が媒材を通して濡れて見えるのに対し、粉末顔料そのものの色です。緑青の孔雀石(くじゃくいし)をはじめ天然鉱物から約400種、より多彩に釉(うわぐすり)や金属から開発した新岩絵具約800種を作っています。
 −70%以上という圧倒的シェアの秘訣(ひけつ)は。
 人形の頭などを白く塗る胡粉(ごふん)を貝殻から精製する技術を生かし、粉末を繰り返し水に沈殿させて大きさをより分ける「水簸(すいひ)」法で製造しています。最小5マイクロメートルまで粒をそろえる職人技です。
 −画壇向けに加え普及商品にも注力しています 。
 ニカワで練って使うためとっつきにくいので、テキストと使う絵具、ニカワ液、筆をセットにし、塗り絵感覚で描いて飾れるキットを4年前に開発しました。趣味や美術教育などで「日本古来の色に親しんでもらいたい」(中川晴雄社長)。
 初心者キットは桜、紅葉、蘭(らん)の各図柄4410円。全国の画材店で販売。
 問い合わせは 電話:0774(23)2266。
[2007年4月12日掲載]