京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

日本ルナ(八幡市上津屋)

バニラヨーグルト
 −デザートで異例のロングセラーと聞きます。
 バニラアイスのようなおいしさを追求したヨーグルトで、生クリーム、卵黄入りのクリーミーで滑らかな口当たりが好評です。発売15年目ですが、年間生産は1億3000万個と伸び続け、国民1人1個は食べてもらっている計算になります。
 −どのような発想で誕生したのですか。
 酸っぱさが苦手な日本人も多いため、食べやすくおいしいものを目指しました。通常3−6時間の乳酸菌の発酵に16時間かけて酸味を抑え、コク深く仕上げており、風味を損なわないよう地下水や口がくびれた容器にもこだわっています。
 −健康志向から市場拡大が期待されます。
 中高年の消費量も年々伸びており、食後の血糖値上昇を抑える特定保健用食品や脂肪分ゼロの商品も積極的に出しています。毎日食べ続ける上でも味の良さを求めるニーズは高く、おいしさと健康の両面で商品展開を進めたいと思います。
 110グラム3個パックで希望小売価格231円。http://www.nipponluna.co.jp/
[2007年7月12日掲載]