京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

エーシック(宇治市広野町)

電球形LEDランプ
 −家庭の白熱電球と交換できるLED(発光ダイオード)照明ですね。
 100ボルトの家庭電源に対応しているので、そのまま電球ソケットに入ります。少ないLED数でも常夜灯やダウンライトに十分な明るさを確保し、消費電力はLED5個型で0・5ワットと白熱電球の20分の1以下。寿命は10倍以上で交換の手間がかかりません。
 −どういう発想で誕生したのですか。
 10年前にいち早くフルカラーLEDを開発、屋外看板などに使われていますが、最も期待されるのが照明分野。電球が切れた街灯をよく見ますが、街中の照明を簡単にLEDに置き換えられたら省エネと保守の効率化につながります。
 −照明利用のための工夫点は?
 直下を照らすクリア型や広範囲に明るい拡散型など独自設計のレンズで、顧客要望を超える「プラスワンのアイデア」(神野勝社長)を提案しています。すでに公園の照明に採用されており、商店街単位で街灯の交換も手掛けています。
 今春からネット販売を開始。http://www.asyck.co.jp/
[2007年7月26日掲載]