京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

ユーサイド(宇治市)

セイアグリーマヨネーズ
 −原料にこだわっていると聞きます。
 薬剤に頼らない衛生管理で生まれた健康卵と厳選した国産リンゴ酢、綿実油を使い、化学調味料や添加物を一切加えずに作っています。素材本来の味が生き、安心だと評価され、北海道から沖縄まで全国の百貨店などで販売されています。
 −商品が生まれた経緯は?
 もともとは看板商品のごまドレッシングのベース用。当初は委託生産でしたが、さらなる品質向上に向けて6年前の内製化時に開発し、単品販売も始めました。油の酸化を防ぐため真空でかくはん、乳化させる以外は手作りで製造しています。
 −今後の商品展開は?
 マヨネーズをベースに、9月には「京野菜」に続く「とまと」ドレッシングを発売。長野産トマトや万願寺とうがらしなどで仕上げています。油脂類などの原料高騰などで厳しい環境ですが、「ごまかしではない本物のおいしさ、安心なものづくりを続けたい」(久保田良則社長)
 マヨネーズは250グラム入り546円(9月1日から)。http://www.u-side.co.jp
[2007年8月30日掲載]