京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

arumi toy(木津川市加茂町)

「木のおもちゃ」
 −独創的なデザインが評判です
 既製品にはない、独特の雰囲気や存在感のあるものをと常に意識しています。商品は5種類で、使う木は2年修業したドイツの工房を通じて仕入れるブナが主。ある程度の固さもあり、磨けば光沢も出て、おもちゃ作りに適しているんです。
 −商品作りではどんな工夫や配慮を?
 木の自然感が出るよう、木目の見える浸透性のもので着色します。また、のみ込めない大きさにカットし、小さな部品も穴を開け呼吸できるようにするなど安全面には特に気をつけています。
 −なぜ、木にこだわったおもちゃを?
 子どもたちを喜ばせたいということから出発し、人に一番身近な、自然で違和感ない素材を考え行き着いたのが木のおもちゃ。「テレビゲームや動くプラスチック製のおもちゃに遊ばれる子どもが多いいま、自ら考え仕掛けないと遊べないものを今後も作っていきたい」(多胡歩未さん)。
 2400−9300円。ネットでも販売。http://www.arumitoy.net

[2007年10月18日掲載]