京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

佐藤技研(宇治市大久保町)

「義手」
 −義手の製作会社は数少ないのでは?
 義手専門の製作メーカーとしては日本で唯一。義肢製作所や病院など300強ある全国の取引先、また個人などに納め、全国でのシェアは約8割。義手だけで月に約400具を製作しています。
 −製品の特徴とこだわりは何ですか。
 見た目にそっくりの装飾性。材質はシリコンと塩化ビニールです。形状と色は特に重要。例えば女性は色をやや白くしわも少なく、男性なら指の節は太めで血管を浮き立たせるなど細部まで気を配り、全工程が手作業です。自然感と同時に装着時の軽さ、フィット感の良さも心掛けています。
 −今後の展開は?
 精巧度を今以上に高め、機能面の充実も図り、多種多様な要望に応えたい。「身体の一部を失う精神的な痛み、社会復帰後の見た目のハンディは大きい。常に使い手の気持ちを考えた製品作りを続けていきたい」
 手部義手1具30万円など。義指、義足ほか要望に応じて製作する。http://www.satogiken.jp
[2007年11月29日掲載]